当院での治療

治療方法

治療イメージ
当院の治療はレーザーを用いて行います。目的は気道を広げることです。
無呼吸やいびきの一番の原因は、のどが狭いことによる気道閉塞なので、それを広げるために、口蓋垂(のどちんこ)の一部とその周辺部位を切除します。鼻が詰まっている場合には、鼻のレーザー手術で鼻閉を改善します。
従来から行われている外科的な治療は、患者様の体に大きな負担をかけてしまう為、入院の必要があります。
これに対しレーザー治療は、患者様の体への負担が軽く、術後はすぐにお帰り頂くことができます。

無呼吸症候群治療の流れ

無呼吸症候群の治療の流れについて説明します。

初診・検査

初診・検査
問診票をもとに、無呼吸であるかどうかを確認するために、口の中と鼻を内視鏡で検査します。
無呼吸症候群(いびき)と診断され、患者様が手術を希望される場合は、採血を致します。
採血終了後、手術の予約をして頂き、初診は終了となります。

手 術

<のどの手術>
手術はレーザーによる治療で、所要時間は10分程度ですが、手術前確認・手術・点滴等を含め、2~2.5時間程を要します。
<鼻の手術>
レーザー治療により所要時間は2~3分程度ですが、手術・麻酔・待ち時間を含め1時間程度を要します。

術 後

術後は、炎症や腫れが引くまで2週間程度お薬を服用し、なるべく安静にして頂く必要があります。
この間、飲酒・喫煙・運動のほか、固いものや刺激の強い食べ物は控えていただきますが、日常生活への支障はほとんどありません。
術後は1週間毎に、2~3回の検診を行ないます。

治療効果について
通常、腫れや炎症は2週間程度で治まり、徐々に治療効果が表れます。
効果については、個人差がある為、患者様によって様々ですが、空気の通り道は確実に広がるので無呼吸症の軽減に繋がります。